1. ホーム
  2. 沿 革
 

創立者初代学院長
船田 兵吾




二代学院長
船田 中




三代学院長
船田 享二




四代学院長
船田 小常




五代学院長
船田 譲




六代学院長
船田 昌子







 
明治18年 船田兵吾が私立下野英学校を創立
明治19年 校舎を二里山(塙田村)に新築し、
翌20年ここに移転
明治21年 旧黒羽藩の藩校「作新館」の名を受け継ぎ
私立作新館と改称
明治28年 文部省令に準拠し、
私立尋常中学作新館と改称
明治32年 中学校令改正により、
私立下野中学校と改称
大正14年 財団法人下野中学校に改組
昭和16年 財団法人作新館高等女学校を清水町に創立
昭和20年 空襲により作新館高等女学校校舎全焼、
下野中学校校舎一部焼失
昭和22年 下野中学校と作新館高等女学校を合併し、
高等部(男女共学、普通科)、中等部(男女共学)
で組織する財団法人作新学院と改称
作新館高等女学校と下野中学校を一の沢町に移転
昭和23年 作新理容学院を設立
昭和25年 私立学校法により、学校法人作新学院と改称
昭和26年 作新理容学院を作新高等理容美容学院と改称
昭和27年 校章および学院歌を制定
昭和28年 男女共学の高等部を男子部・女子部併設の2部制にする
幼稚園を新設
昭和29年 小学部を新設
昭和30年 高等部に商学科を置く
昭和33年 高等部に特別進学クラス(Aコース)を新設
昭和35年 高等部に工業科を置く
法人名を船田教育会と改称
昭和37年 硬式野球部、全国初の甲子園春夏連続優勝
高等部女子部に家庭科を置く
昭和40年 高等部にデザイン科を置き、工業科を電気科・電子科に、
家庭科を家政科に科名変更
昭和42年 作新学院女子短期大学を開校
昭和43年 船田兵吾生誕百年記念式典
「作新讃歌」を制定
昭和46年 高等部に情報処理科を置く
昭和55年 高等部に1年次からの英進クラスを新設
昭和57年 高等部電気科に電気工事士養成コース許可
昭和58年 幼稚園、3年保育を開始
中等部に英進コースを設ける
作新高等理容美容学院、戸祭町の新校舎開校
昭和60年 創立100周年記念式典挙行「百年誌」を発行
昭和63年 高等部の英進コースを独立させて、
英進部(英進科・進学科)を新設(高等部の3部制)
平成元年 幼稚園を女子短期大学附属幼稚園と改称
高等部家政科を生活科学科に、
デザイン科を美術デザイン科に科名変更
作新学院大学(経営学部)を竹下町に開学
平成2年 高等部情報処理科を情報科に科名変更
平成3年 高等部の商業科、情報科、電気科・電子科、
美術デザイン科を統合して、情報科学部(流通経済科、情報科、
電気科・電子科、美術デザイン科)を新設し、高等部を4部制に
平成5年 大学に大学院経営学研究科(修士課程)を開設
平成7年 創立110周年記念式典挙行「百十年誌」を発行
大学院経営学研究科(博士課程)を開設
平成9年 短大30周年記念式典挙行
平成10年 理美容を学校法人作新理美容専門学院に改組
平成11年 短大を作新学院大学女子短期大学部に名称変更
平成12年 大学に地域発展学部を開設
作新学院大学女子短期大学部を竹下町に移転
平成14年 大学に人間文化学部を開設
平成15年 高等部を作新学院高等学校に名称変更
高等学校に総合進学部を設立
平成18年 附属幼稚園を作新学院幼稚園に名称変更
作新学院大学に大学院心理学研究科修士課程を開設
自動車整備士養成科、普通科総合選択コース設置
高等学校情報科学部 流通経済科をビジネスサイエンス科、
情報科をコンピュータサイエンス科、電気・電子科を電気・
電子システム科、生活科学科をライフデザイン科に科名変更
平成23年 文部科学省からスーパー・サイエンス・ハイスクール
(SSH)指定
平成27年 高等学校にトップ英進部を設置
創立130周年記念式典を挙行
「百三十年誌」を発行
ページのTOPへ