1. ホーム
  2. ドリーム・キャンパス・プロジェクト 「作新アカデミア・ラボ」


 「作新 アカデミア・ラボ」が誕生しました。 愛称:サク・ラボ 

ゆるやかなS状に両翼を広げる美しい建物。ここは、年齢や分野を越えて、人々が集い、知恵や意見を出し合い、地域や社会とつながることで世の中を変えていく、その拠点となる施設です。
「自分たちの生きる、未来は自分たちでつくる」という革新的発想に基づき、132年にわたり継承されてきた教育理念「自学自習」を体現する「アカデミア・ラボ」
世界平和や地球全体の幸福のため、“人間力”を育む「真理の探究」という冒険の旅が、今このラボから始まります。

米国MITの「メディアラボ」がそうであるように、年齢、文化、民族の違いを越えて様々な分野の人々が集い、真に豊かな地球の未来を創造する、自由で多様な“知の実験場”をめざしています。愛称「サク・ラボ」の「サク」には、作新のサク、success(成功)のサク、succeed(継承する)のサク、桜咲くのサクなどの意味があり、建物の形状は“S”を象っています。
生徒たちが登下校するアーチ部分「アカデミア・ゲート」は、“長屋門”の形状を取り入れており、東京大学の赤門のように皆から愛され、本学のシンボルになることを願っています。


       Aクエスト&グローバル スペース
               (クエスト・ラボ)        
Bクエスト&グローバル スペース
(ランゲージ・ラボ) 
   Dアカデミア・ゲート(正面) 
 
                Dアカデミアステージ   Dライブラリー(資料展示室)
           @ライフ&イノベーション スペース
            (ダイニング・ラボ)
Cコンビニエンスストア

 @ライフ&イノベーションスペース(ダイニング・ラボ)
  自然環境や命の大切さを学び、新たな価値を創造していくスペース
西棟1階に設置 カフェダイニング
  自然の摂理の中で生かされていることに感謝し、地球環境を守りながら、心身ともに健康に暮らす大切さや術を学ぶラボ。本物や良質なものに触れ、感性を磨き、豊かなライフスタイルを身につけます。昼食時には専属栄養士の管理のもと、栄養バランスのとれたランチを提供し、授業では「食育」についての講義などで活用します。また、学院を訪れた人々の憩いと語らいのカフェスペースとしてお使いいただけます。
 
食育菜園(エディブル・ガーデン)  7月完成予定図
 「さくしろう」を模したガーデンでは、児童や生徒たちが自ら畑を耕し、野菜を育て収穫します。自然とのつながりを通して食と地域とのかかわりを理解することで、食物を生産する人たちに対する感謝の心を醸成していきます。


ページのTOP